入れ歯にするなら素材選びから!ベストチョイスを!

これから入れ歯を作ろうと思っている人は、入れ歯を作るのが得意な歯科を受診して素材選びから始めると自分が使いやすくて満足出来る入れ歯が作れることでしょう。
入れ歯の種類には部分入れ歯と総入れ歯があり自分が失った歯の数に応じて最適なタイプを作ることになりますが、保険診療では使える素材の種類がプラスチック(レジン)のみとなり、留め具(クラスプ)の部分は金属しか使えないため、出来れば保険外診療で作る方がおすすめです。

保険外診療で使える入れ歯の素材は、床(しょう)と呼ばれる歯ぐきの部分ではニオイの付きにくいプラスチックや生体用シリコン、金属などがあります。
保険診療で作った総入れ歯を使っている人には、入れ歯に汚れや嫌なニオイが付いて取れなくなってしまい困っているという場合が見られますが、保険外診療でニオイが付きにくいプラスチックを素材とした入れ歯を作れば悩みが解決出来るでしょう。

また、保険診療で作った入れ歯を使っている人によく起こる問題として、物を噛んだ時に痛いということが挙げられます。
この問題を解決するには生体用シリコンを素材に使っている総入れ歯や部分入れ歯を選ぶと、物を噛んだ時にシリコンの弾性が歯ぐきへの負担を減らしてくれるので、痛くなくて食事がしやすくなるというメリットが得られることでしょう。

その他に、部分入れ歯や総入れ歯に使う素材に金属を選んで保険外診療で入れ歯を作ってもらうと、保険診療のプラスチック製よりも薄く仕上げられるため、装着した時の違和感が少なくなります。
保険外診療で作った金属製の入れ歯には熱伝導性に優れているという特徴もあり、食べ物や飲み物の温度が口に伝わりやすいので食事が楽しめる点も利点と言えます。
更にこのタイプなら口の中に違和感が少ないことでしゃべりやすいという点も魅力です。

さて、保険診療で作る部分入れ歯では留め具の部分が金属になってしまうため、口を開けた時に他人からの視線が気になるという問題点がありました。
それに対して保険外診療では留め具の部分の素材を歯ぐきの色に近いプラスチックで作ることが可能なので口を開けた時に目立ちにくく、部分入れ歯を着けていることを気にせずに笑えるというメリットが得られます。

入れ歯を作る時は人によって、予算を抑えたい、着け心地が良い物にしたいなど大切にしたいポイントに違いがあることでしょう。
保険外診療も扱っていて豊富な種類の素材から自分に合った物を選べる歯科医院を利用すれば、自分にとって一番良い入れ歯を作れると期待出来るため、是非そのような歯科医院を探して相談してみてはいかがでしょうか。